ヌースコーポレーション|NOOS CORPORATION

メニューを開く
資料請求

こころの風邪の対処法



こころの風邪の対処法

ストレスが溜まることを防ぐ食生活

心の問題は食生活に原因が直結してることもしばしばあります。
例えばイライラすることの原因としてカルシウム不足、食物繊維不足による腸内環境の乱れなどが挙げられます。
清涼飲料水に含まれる精白糖やファーストフードやお菓子の過剰な摂取も脳内バランスを不安定にする原因とも言われています。
心の風邪に対処する食事とは、よく言われていることですが「3度の定期的な食事」。
1日30品目と言われるように様々な食材を食べるように心がけること、食生活にリズムをつけること、落ち着いてゆっくり食べること、この3つを気をつけることで体内・自律神経のバランス双方を整えるように働き、心の風邪にもかかりにくくなります。

就寝前に効果的な睡眠法の一例

  • ぬるめのお風呂に長めに入る
  • 軽めのストレッチなどで身体をほぐす
  • 本を読む
  • 少量のアルコールや温かい飲み物を飲む
  • リラックス出来る音楽を聴く
  • 枕を工夫する

代替療法を探してみる

代替医療とは、東洋医学や民間療法など、通常、私たちが病院で受けている「西洋医学による治療」ではない様々な治療法の総称です。
健康食品やサプリメントの活用をはじめ、アロマテラピー(芳香療法)、体操、マッサージ、カイロプラクティック、ハーブ療法、その他には鍼灸・気功など、地域に古くから伝承されてきた方法を試してみることもよいでしょう。

専門家に相談をしてみる

こころの風邪にかかってしまい、つらい時は一人で悩まずに相談することが大切です。
心療内科などにはどうしても行きづらいと悩まれる方は、地域の保健所にある相談窓口や、病院の保健師さんによる訪問サービスなどの制度を利用してみるといいでしょう。
内科や外科のかかりつけの病院の先生に信頼できるクリニックやカウンセラーを紹介していただく、という方法もあります。

次ページ 周囲のサポート >

連載・特集コンテンツTOPへ戻る